ネクストモバイルのデメリット

 個人的にはネクストモバイルはかなり優秀で、当分使い続けるつもりでいますが、実際に使ってみて感じたデメリットをここで挙げておきます。
 ネクストモバイルを申し込もうか迷っている人はぜひご覧ください。
 とくに、WiMAXと比べてネクストモバイルはどんな感じかお知らせしています。

ネクストモバイルは容量を増やせない

 おそらく、これが最大のネックになると思われますが、ネクストモバイルは、記事を書いている時点で容量を増やすことができません。
 WiMAXは3日間10GB制限という制限がありますが、これ以外はフリーで使いまくることができます。
 しかし、ネクストモバイルの場合はそうもいきません。
 現状では20GB・30GB・50GBの各プランがありますが「20GBプランを使っているんだけど、月末になると超えてしまうから30GBプランに変更」というのが出来ません。
 もしも、プラン変更をやろうと思ったらネクストモバイルを解約してから「30GBプラン」に入りなおす必要があります。
 この場合、事務手数料も違約金も発生しますので、ある意味馬鹿馬鹿しいですね。

 

 ですから、ネクストモバイルの導入を考えている場合は、自分が月々どのくらいの容量を使うのかを把握し、余裕を持ってプランに加入する事をお勧めします。
 ちなみに、私が入っているのは20GBプランです。
 家に固定回線があるので、これで済んでしまっているのが現状です。

 

WiMAXの制限とネクストモバイル

 なお、WiMAXの場合は「ギガ放題プラン」で3日間10GB制限というのがありますが、これで制限が掛かっても1Mbps程度の速度が出ることになっていますけれど、ネクストモバイルの場合は128Kbpsという一昔前のガラケーのような速度になってしまいますので、普通に使うにはかなり厳しいのが現状です。
 ちなみに、WiMAXでも128Kbpsに速度制限が掛かることがありますが、これはLTEを7GB以上使った場合で、WiMAXも含めて月末まで128Kbpsになってしまいます。
 あと、ライトプランでも7GBを超えると速度制限に掛かってしまいますので要注意。
 7GBで速度制限に掛かるなら、ネクストモバイルの方がエリアも広いし便利だと思います。

 

ネクストモバイルの保証はWiMAXと違う

 WiMAXの場合は、安心サポートプラス(BroadWiMAX)などで端末の水没に対応した保証を受けることが可能なのですが、記事を書いている時点で、残念ながら記事を書いている時点でネクストモバイルは水没に対応したプランがありません。
 ちなみに、私自身は何年もモバイルWi-Fiを使っていて端末が壊れた経験がないので、保証付けずにネクストモバイルを契約しました。
 最初の一年目はメーカーの保証で自然故障については対応してもらえますし。

 

 しかし、近年ゲリラ豪雨なども多く、水没が心配な場合は、やはり端末の保証が気になると思います。
 この場合は、ネクストモバイルよりも水没に対応したオプションを選択できるWiMAXもアリです。