WiMAXのエリア判定が△の場合のおすすめプロバイダ

 管理人はWiMAXを8年ほど使っていますが、エリア判定が△の場所では意外と入らなかったりした経験があります。
 ここでは、WiMAXのエリア判定が△の場合の問題点・対応等を具体的に解説していきます。

WiMAX,,エリア判定△評判,口コミ

 

WiMAXのエリア判定について


 このページに来てくれた貴方はWiMAXを主に使う場所がピンポイントエリア検索で△の人だと思いますが、もしも地図でエリア判定をしただけなら、WiMAXのエリア判定はピンポイントで検索してみたのは正解だと思います。
 たとえばエリアマップで 沖縄県中頭郡北中城村字熱田1−1を調べると一応エリア内に見るのですが、ピンポイントエリア検索で沖縄県中頭郡北中城村字熱田1−1 を検索すると△です(記事を書いている時点でのお話です)。
 ですから、WiMAXを申し込む前に自分が主に使う場所をあらかじめピンポイントエリア判定で調べた方がより確実です。

WiMAX,,エリア判定△評判,口コミ

実際にエリア判定が△の場所はどんな感じ?

WiMAX,,エリア判定△評判,口コミ

 個人的にWiMAXを使った経験から言うと、エリア判定で△の場所は電波が入りにくいと思った方が良いと思います。

 また、建物の中で使う事が前提で言うなら、窓際では電波が入るけれど、部屋の奥では電波が入らなかったりしますので、要注意。
 電波が入りやすいからと窓際に置いておくと、直射日光による高温にさらされたりしてWiMAX端末が過熱してしまう事もあるで、注意しましょう。

WiMAXを申し込む前にシッカリエリアチェック

 

WiMAX,,エリア判定△評判,口コミ

WiMAXを申し込んで「こんなはずじゃなかった」等という事を少しでも避けるために普段自分が生活しているエリアをまずサービスエリアマップでチェックして、さらにピンポイントエリア検索でチェックしてみた方が良いと思います。
 家でWiMAXを快適に使える場合は、一人暮らしなら固定回線が要らないほど重宝する一方、自分が主に生活しているエリアで電波が届かない場合は「こんなはずじゃなかった」なんていう事にもなりかねませんので、とくに地方在住の人やビルが立て込んでいる所に住んでいる人などはシッカリ確認した方が良いと思います。
 もし、知人などでWiMAXを持っている人がいる場合は聞いてみても良いと思います。

 

WiMAX△のエリアで使う場合のリスク

WiMAX,,エリア判定△評判,口コミ

 WiMAXは地図上は△でも使えることもありますし、使えれば気にしなくても良いと思いますが、万一電波が入らない場合はLTEを使う事になると思います。

 この場合はどんな状況になるのかを纏めてみました。

 

LTEは7GBまで

 WiMAXを申し込む際、いわゆる使い放題のギガ放題を申し込む人も多いと思いますが、ギガ放題はLTEを無料で使えるサービスがある一方、使った場合はLTEだけで1カ月間の使用量が7GBを超えると速度制限に掛かります。
 なお、LTEで7GB制限に掛かった場合、WiMAXも速度制限に掛かってしまいます。
 この速度制限は他のページでも書きましたが、なんと128kbpsです。
 128Kbpsだと実際に使ううえで支障をきたす速度ですので、できればLTEは非常時用にしておきたいところ。
 つまり、日常的にLTEを使う状態の場合、WiMAXは7GBの制限が掛かるみたいな感じになります。
 一方、WiMAXの月間データ容量が7GBの通常プランの場合は事実上7GBしか使えませんので、コスパを考えるとネクストモバイルの方が安くてエリアも広くてオイシイ気がします→ネクストモバイルの評判

 

WiMAXのキャンセルについて

WiMAX,,エリア判定△評判,口コミ

 基本的にはWiMAXを申し込んでキャンセルしたくなった場合は以下のとおりになります。

 

 

 

 

WiMAXを解約する際の注意事項

WiMAX2+端末が着荷した日または、ご契約内容確認書面をお客さまが受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間、初期契約解除制度を利用して本サービスを解約できます。ご契約内容確認書面は郵送または電子交付のいずれかの方法でご確認いただけます。
・初期契約解除を希望する場合のお手続きに関しましては、ご契約内容確認書面にてご確認いただけます。
・初期契約解除をされた場合、お客さまは解約違約金や損害賠償などを請求されることはございません。ただし、事務手数料3,000円(税抜)に関しましては、初期契約解除をされた場合でもご請求させていただきます。
・初期契約解除をされる場合、WiMAX 2+端末をとくとくBBまでご返却ください。端末着荷から8日以内にご返却いただくと端末代金のご請求はございません。(GMOWiMAX初期契約解除制度などの説明より抜粋)

 

WiMAXのエリア判定が〇の場合のプロバイダ選び

 WiMAXのエリア判定が〇の場合、使い勝手をより時間を取ってチェックしてみたいと思うと思うのですが、実はプロバイダによってキャンセルできるまでの期間が違っているのは意外と知られていません。
 通常は初期契約解除制度というクーリングオフ制度に似た制度があってプロバイダにキャンセルの申し込みができますが、GMOWiMAXのようにプロバイダによって独自のキャンセル保障制度を設けている所があります。
 ちなみに、GMOWiMAXは8日目を過ぎても「20日以内ならキャンセル」が可能ではありますが、初期契約制度を使うよりも条件が厳しくなっているので、申し込む際にはきちんとチェックしておきましょう。
 GMOWiMAXのキャンセルに関する説明ページ⇒GMOWiMAXキャンセル参照公式サイト

 

 

 

 初期契約制度参照サイト⇒総務省初期契約解除制度解説サイト(PDF)